通販サイトでチャンピックスを購入する場合と病院処方の場合、どのような違いがあるのでしょうか?比較してみました。

チャンピックス通販で禁煙宣言

通販サイトと病院処方の比較

通販サイトと病院処方の比較

チャンピックスの購入の仕方で違い?

チャンピックスの利用は、基本12週間です。禁煙外来に受診して処方される流れになりますが、医師の指導のもとに決められたスケジュール通りに服用することで高い効果が期待できますが、通販サイトからも購入して利用することができます。同じ効果効能であっても違いが出てきます。その違いとは一体どんなところなのでしょうか?

チャンピックス購入に当たり、通販サイトと病院の処方との違いは、保険の適用内(条件が揃っていることが前提)で禁煙治療が受けられることです。次に禁煙治療においての費用についてです。12週間ものあいだ、禁煙治療薬を服用し続けることになりますので、それだけの分量を購入する費用は安いとは決して言えません。

医療機関では保険適用外になる場合も

医療機関では保険適用外になる場合も

禁煙外来には、保険の適用内と適用外の場合があります。保険の適用内の場合は、通常5回分診察料、ニコチン依存症管理料、処方箋料など薬代以外にもかかる医療費など費用が追加された費用は、約20,000円前後必要になります。保険の適用外の場合は、医師の診断によってニコチン依存症と診断されなかったり、禁煙治療をすでに経験したことがあってもう一度受診しようとする方の場合は1年以上経過していなければ保険の適用されません。

そのため自費診療となり、保険の適用が一回の治療で6万円以上の費用がかかることになります。12週間で禁煙が達成されずに延長が必要になった場合も同様として扱われ全額負担することになります。そういうケースもあり得るので通販サイトから個人輸入によりチャンピックスを購入する方が非常に増加してきています。

通販サイトの優位性

チャンピックスの配送に関しては、海外から国際書留郵便・日通メイルプラス・EMSなどを利用する場合などありますが通常10~20日前後となります。国内の通販サイトなら通常3~7日前後が目安となります。ただし、祝祭日などを挟むと遅れることもあります。他にも医薬品を通販や個人輸入で購入するにあたり法的に不安を感じるかもしれませんが、ご自身が使用するためであれば法的にも認められていますので心配はありません。現在では個人輸入代行業者は、チャンピックス以外何か問題があれば、荷物追跡や不良品の返品や交換まで責任を持って対処していますのでとても便利を感じます。