タバコにより起こる病気は肺がん以外にも数多くあります。含有される有害物質が非常に多く、他の病気も引き起こしてしまいます。

チャンピックス通販で禁煙宣言

タバコを吸うことで起こる病気

タバコを吸うことで起こる病気

イメージされる病気

タバコで起こる病気と聞くと肺がんや動脈硬化をイメージしますが、がんのリスクも高めているだけでなく、がん以外にも身体のあらゆる部位に疾患を起こす影響もありますが、さらにタバコには発がん性物質が多く含まれていることでがん細胞を抑える遺伝子まで破壊することが明らかになっています。

肺や気管支の病気

肺や気管支の病気

タバコを吸うことで吸わない方と比べ約4倍以上肺がんになりやすいことが報告されています。他にも気道の繊毛の働きが悪くなり、たんなどが絡み肺炎の発症率も高くなっています。タバコには約4000種類もある異物が含まれているので、喫煙によって気道分泌液の量が多くなり、たんやせきが多くなり気管支も狭くなってしまいますので、より負担をかかり気管支炎を起こす可能性も高くなります。

タバコによって煙の影響を一番受ける部位は咽頭(のど)部です。そのため長期間刺激を受けていると、咽頭部周辺にがんが発生する可能性が非常に高く、タバコを吸わない非喫煙者よりも約30倍以上のリスクがあることも知られています。いずれも室内を清潔に保つ他にうがいなども心掛ける必要も出てきます。

代表的なタバコの病気

代表的なタバコの病気

タバコを吸うことで健康に与える悪影響の代表的なものを英語表記から4cと称されており、悪性新生物、冠状動脈疾患、脳血管疾患、慢性閉そく性肺疾患があります。喫煙はさまざまな病気が起こるリスクが高めているとの各研究機関などの調査で数多く報告されています。

年間約300万人がタバコが原因で死亡しており、このまま続けば20~30年後には年間約1000万人になるとの世界保健機関(WHO)の試算では予測されています。日本の国内でも同じようにタバコが原因で死亡者数がここ20年で約2倍の11,000人であり、この増加傾向はさらに続く予想されている厚生労働省の調査結果もあります。

ただ、禁煙をすればそのようなリスクを回避できますので、何よりもタバコを吸わないようにすることが先決です。そのためにはチャンピックスを服用することが最も望ましいでしょう。チャンピックスの効果はニコチン摂取よりも先に、有効成分が脳内にたどり着き快楽物質を放出させ、タバコを次第にまずくさせることにあります。非常に禁煙成功率が高い薬ですので利用をおすすめ致します。