チャンピックスを服用することで次第にタバコがおいしく感じなくなり本数が減り、禁煙へと導いていきます。

チャンピックス通販で禁煙宣言

チャンピックスの効果

チャンピックスの効果

禁煙成功率の高いチャンピックス

チャンピックスは、ニコチンを含まない禁煙補助薬の飲み薬です。心臓系などの病気をお持ちの方や皮膚が敏感で弱い方や妊娠している方でも安心して使えます。ニコチンガムニコチンパッチよりも禁煙に成功しやすいといわれており、そのうえ使い勝手も良いことで知られ、その禁煙成功率は約70%以上と言われています。

ファイザー社というアメリカの大手製薬会社が開発・製造しており、他にも有名なED治療薬や抗うつ剤などを扱っています。2006年にアメリカで承認されてからヨ-ロッパやアジアの60ヶ国を越える各国で認められています。日本では2008年1月に販売の承認を受けて4月より保険の適用も認められました。

チャンピックスの作用機序

タバコを吸うことでニコチンが体内に取り込まれ、脳内ニューロン組織の一部であるニコチン受容体というニコチンに依存する神経細胞と結合することでドーパミンが放出されます。このドーパミンが心地よさを感じさせるため、タバコが美味しく快楽感をが得られ依存してタバコを吸うようになります。

チャンピックスには、有効成分バレニクリン酒石酸塩が含まれており、ニコチンとよく似た構造を持っているので、ニコチン受容体に結合するとニューロン組織の一部の末端から少量のドーパミンを放出させます。そのため禁煙時に起こるイライラ感や不安感などの離脱症状を抑えることができにニコチンが吸収されたときと同じような満足感が得られ、喫煙が心地よいと感じなくなり、タバコを吸いたいという気持ちも徐々に薄れます。

服用方法や副作用

禁煙を決意するために知っておきましょう

チャンピックスの服用期間は12週間です。禁煙を始める日時を決めてその1週間前から服用します。最初の3日間は0.5mg錠1日に1回服用の時間は定められていませんが夕食後がより効果があるのでお勧めです。その後の4日間は0.5mg錠を朝食後と夕食の1日2回服用します。服用から8日目以降は1mg錠を朝食後と夕食後の1日に2回服用します。また8日目以降は禁煙をして下さい。1mg錠を1日2回飲み続けます。

そんなチャンピックスでも副作用の発症が報告されています。主な症状として、吐き気、頭痛、寝つき、睡眠障害、悪夢、意識消失などの意識障害、お腹にガスがたまる、味覚障害、便秘などがあり、ニコチンを含む禁煙補助食品との併用も禁止されていますので、お困りの際は、医師にご相談下さい。