タバコがやめられないのは習慣という見方も出来ますが、ドーパミンにより快楽を得るためになかなかやめられないといいます。

チャンピックス通販で禁煙宣言

タバコがやめられない理由

タバコがやめられない理由

習慣であるため辞めにくい

長い間タバコを吸ってきた方は、すでに日常的な習慣からタバコを吸って当たり前という気持ちであったり、タバコを吸うおかげで間を持たせることができたりするなど、喫煙者自身でもタバコがやめられないニコチン依存と感じることもあるはずです。ではどうしてやめられなくなるのでしょうか?

ニコチン摂取は快楽でもある

ドーパミンという脳内神経伝達物質の作用が大きなポイントとなります。タバコを吸ったときに、ニコチンは体内に流れる血液の中でほんの約6~7秒という早さで循環し脳の中枢神経に興奮作用を働きかけます。これは脳内神経伝達物質のドーパミンが放出され幸福感や快楽感などの良い気分にさせるからと言えます。

脳内ニューロン組織の一部であるニコチン受容体というニコチンに依存する神経細胞と結合することでドーパミンが放出されます。その効果は長く続くわけではなく、30分程度と短いです。その度に幸福感や快楽感などの良い気分をためタバコが美味しく快楽感をが得られ、繰り返しその気分を味わうたいため習慣化することになります。

そのためニコチンは喫煙者の脳に作用してホルモンのバランスを保つ働きも崩すことになります。ニコチンの効果が弱くなるにつれて、イライラ感、落ち着きがなくなる、集中力の低下などの症状が起きます。また喫煙することでその症状が和らぎ平常心に戻るといった気持ちを繰り返すことがニコチン依存といわれるもので、禁煙できない最大の理由です。

チャンピックスでニコチンを断つ

チャンピックスでニコチンを断つ

では、ニコチン依存を断つにはどうしたらいいでしょうか?お勧めするのはチャンピックスです!チャンピックスの有効成分バレニクリン酒石酸塩がニコチンと類似した構造をしており、ニコチン受容体に結合するとニューロン組織の一部の末端から少量のドーパミンを放出させます。

この作用は禁煙した時にありがちなイライラ感や不安感など離脱症状を抑えることができるうえ、ニコチンが吸収されたときと同様の満足感が得られますので、使用を続けると喫煙で感じた幸福感や爽快感が弱まり、タバコを吸いたくなくなりますので、本気でタバコを止めえられない方にはお勧めです。